M'S STYLEの思い

小さいころからの夢 旭町商店街をあるく おばさんたちが(30代の女性のことを言ってます) もっと綺麗になったらいいな〜〜 が 自分の夢の 原点です。 お洒落な母のように と思いました。

母はあ〜〜見えて 強者です。
私が小2まで 家族全員のお洗濯を 外でたらいで 洗ってました。 沢山家族がいました。
真冬ももちろんです。 いまでは考えられない!!
母が子供のころ 戦時中疎開先での食事で やはり大っ嫌いな野菜は頑固食べなかった。凄すぎる!!
祖父がまた 面白い なんでも自分で作っていました。
足の不自由な方のために 手押し車を開発しました。 修理のたびに 弟と 乗って運転するのですが あまりにも手に力が必要で 動かない! でもこの手押し車がその方にとっては 羽だったんだと思います。
おじいちゃんは 電化製品も 五右衛門風呂も作りました。 ってかほんとなんでも作るのです。
その内容は ぜひ!店で話します。 かなり面白すぎます。
父は頑固一徹!そして 愛に溢れて 逸話いっぱいです。
嫌いな奴には店の敷居を跨がせないと見得を張る 下町的逸話

そんな家に育った私は 服が大好きでした。
かなり貧乏だったのに いつも仕立て屋さんが家にきてたし 仕立て屋さんにいつも行ってた。
私はかなりぶっさいくな子供だったけど 服はいつも 素敵で最先端でした。

周りの人を綺麗にしたい! そんなおせっかいな自分の夢は まったく薄れることなく 大人になりました。デザイナーになって バイヤーになり 小売店の店主になって ショップチャンネルに出演して アカデミーの校長先生になっても 相変わらず おせっかいなんだけど 私は 世界中の女性を輝かせたいです。 それが自分の PRIDE なんだろうな〜〜〜

北千住に生まれて 北千住で育ちました。 完璧下町っこの ひがし紀子です。 私の思い をいっぱいに詰め込んだ お城が このM'S STYLEです。 お洋服だけでなく わたしのおせっかいは 美容と健康 インテリア 雑貨と広がっていくのです。 好きなことで 自分も輝きたたいです。 一緒に進化し行きましょうよ〜 街を歩く自分が ウインドーに映った時 「いけてる!」 って 思える  輝く女性が 街に溢れだしますように・・・

Movie

2009年9月20日 お誕生日パーテイ にしさん大作です。

2010年9月19日 M'S Style Party Vol.01

nishiさんのお話